モノの文脈

2017.10.30

いつも弊店ブログをご覧くださり、誠に有難うございます。

 

本当に季節外れの台風が2週連続。

 

それが過ぎ去ったと思ったらグーぅっと冷え込み、晩秋の気配。

 

いや、あと2回、遅寝の人だったらあと1回寝たら11月なんで、当たり前ではあるのですが。

 

 

それに伴い、冬のアウターがお客様の元へと旅立っており、サイズ欠けもスタートしております。

 

気になるアイテムはサイズ、カラーの揃っている内に是非。

 

 

Duffle Coat / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥86,400- (tax inc.)

 

 

こちらは、KAPTAIN SUNSHINEのオリジナルのヘビーダブルメルトンを使用したダッフルコート。

 

渋みの中に、どこか愛らしさのあるウォルナットカラーに目と心を奪われます。

 

約半年前、KAPTAIN SUNSHINEの展示会場に到着してすぐに目に入り、

 

胸を高鳴らせてくれたのはこのコートでした。

 

 

 

細く上質なウールであるsuper100′sを原料として太番手の糸を作り、

 

それを表裏で織り目が異なるように2重織にした極厚のメルトン。

 

この重厚さが本物の証。

 

(とはいえ、いざ着ていただくと実際の重量に対して軽く感じていただけるのではないかと。)

 

上質な原料を使用した生地は、柔らかく滑らかな肌触りと、

 

見てわかるクオリティーの高さとなっています。

 

 

Coat : Duffle Coat / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥86,400- (tax inc.)

Knit : Cloudy Moc Neck / CURLY ___ ¥17,820- (tax inc.)

Trousers : Tapered Fit Trousers / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥25,920- (tax inc.)

 

 

ゆるく羽織ることを想定したボリュームのあるシルエットに、クラシカルな3トグル仕様。


クラシックでオーセンティックな要素と現代的な要素がミックスされた、重厚なKSならではのシルエットです。

 

着込むことで肉厚なメルトンが柔らかくなり生まれるシルエットと表情の変化も是非楽しんでいただきたいと思います。

 

 

 

裾内側には、太ももを固定することで強風によるバタつきを抑えるストラップ。

 

元は北欧の漁師が、そしてその後イギリス海軍が着用していたダッフルコート。

 

船上に吹く強い風で裾がバタつかないように、ストラップで太ももに固定するディテイルなのです。

 

 

 

 ヴィンテージを踏襲したオーセンティックなアイテムはプロダクトとしては魅力的だけど、

 

武骨で野暮ったいだけのようなモノは

 

デザイン面で言うと街着として着づらい。

 

大人の男としての品も欲しいし。

 

かといって、やっぱりデザインによっただけのモノも物足りなくて … う〜ん。

 

って気持ち、コアな洋服好きの方なら感じたことがあるのではないでしょうか。

 

 

こちらのコートは、プロダクトとしての文脈を理解し、正しい言語を持った上で

 

現在の我々のファッションにフィットしてくれるハイクォリティな一着。

 

 

やっぱり文脈のある洋服には、言い表しがたい “力” がありカッコイイ、と思うのです。

 

 

防風性・保温性は言うまでもなく非常に高く、本物の良さをしっかりと感じていただけます。

 

もちろん日本製。

 

 

 

Online Storeにもアップいたしておりますので、是非そちらもご覧下さいませ。

 

 


憧れ

2017.10.27

いつも弊店ホームページをご覧くださり、誠に有難うございます。

 

 

台風、接近中ですね。

 

とはいえ、今の予報だと東海地方に近づくのは日曜日の夜間っぽい感じ。

 

週末お出かけの方はお気をつけてお出かけを。

 

ご来店くださるご予定の皆様も、是非お気をつけてお越し下さいませ。

 

 

Coat : Rev Bright Hoodie Coat / CURLY ___ ¥45,900- (tax inc.)

Sweat : Combination Funnel Neck / Folk ___ ¥22,680- (tax inc.)

Trousers : Track Trousers (2017AW) / CURLY ___ ¥17,820- (tax inc.)

 

 

店頭でも、Online Storeでも、冬物アウターをお求めいただくお客様が増えてきております。

 

以前のブログでも入荷をご案内させていただいたCURLYのこちらのリバーシブルコートも

 

ご好評をいただいております。

 

本日は、着用写真をアップ。

 

 

 

冬物アウターの中でも比較的ライトなアイテムですので、

 

早めの時期からインナーを薄めで着ていただいて、

 

徐々にインナーで調整しながら着ていただくとシーズン中、長く使えるかと。

 

是非、お早めに。

 

 

Combination Funnel Neck / Folk ___ ¥22,680- (tax inc.)

 

 

今回インナーに着たのは、Folkのスタンドカラープルオーバー。

 

裏毛スウェット生地をメインに、同色で3種の切り替えにした、

 

Folkらしい遊び心がありながら

 

落ち着きのあるアイテムです。

 

 

 

こういったスタンドカラーものやモックネック、ハイネックタイプは、

 

一枚着としてだけでなくインナー、中間着としてきた時にも

 

首元でレイヤード感をアピールでき、

 

“着ている” から “着こなしている” へとランクアップした小慣れた空気を出せるポイントかと。

 

まだ持っていないよ、という方も是非一度袖を通してトライしてみていただけますと幸いです。

 

 

 

月末はハロウィーンということで、今週末は街は仮装をした人で溢れるのでしょうか。

 

憧れのキャラクターになりきったりするのは楽しいんだろうなあ、とか思いつつも

 

今年もトライせずに終わりそうです。

 

いつかアイアンマンのハルクバスターをやってみたいです。実物大で。

 

もしくは石田ゆり子。

 

いや、全ての男の憧れだから。

 


献身的かつ攻撃的盛り上げ準備態勢

2017.10.26

いつも弊店ブログをご覧くださり誠に有難うございます。

 

昨日の定休日は展示会出張で東京へ。

 

昨日の東京は雨が降り、最高気温が14℃と寒い1日でした。

 

街もほとんどの人が上着を着ており、冬アウターやマフラーを身につけている人もチラホラと。

 

個人的には基本的に傘を持ち歩くのが嫌いなので、

 

大降りでない限りは防水の上着を着てやり過ごすのですが、

 

天候の良くない中、1日歩き回った甲斐あって良いアイテム、ブランドと出会えましたので

 

是非次の春夏もご期待下さいませ。

 

 

 

“春夏もご期待下さい”、なんて言ってますが、

 

店頭の現在進行形は、冬に向かってのラインナップがビッシリ揃っております。

 

店頭には厚手のコートやダウンジャケットなども到着致しておりますが、

 

まずは忘れてはいけない、ベースであるインナーアイテムをご紹介。

 

 

Bright LS Moc Neck / CURLY ___ ¥10,584- (tax inc.)

 

 

こちらは、程よく厚みとハリの出る2重編みで伸縮性を抑えた生地を使用した、

 

CURLYのモックネックロングスリーブポケットTee。

 

2重編みでやや厚手、そしてモックネックでクルーネックなどに比べると首元まで暖かいので、

 

これからの季節に重宝するかと。

 

 

 

コットン100%なので肌触りもよく、

 

肌になじむ気持ちの良い着心地となっています。

 

 

 

全体にゆったりとさせたシルエットのデザインや、後丈が長くなっているデザインで、

 

一枚着でもインナー使いでも映える1着。

 

 

Jacket : 3L All Purpose Parka / CURLY ___ ¥29,700- (tax inc.)

Tee : Bright LS Moc Neck / CURLY ___ ¥10,584- (tax inc.)

Pant : The Assembly Pants / Folk ___¥20,520- (tax inc.)

Shoes : Grain Leather Sneaker / M.U.G x MOONSTAR ___ ¥32,400- (tax inc.)

Beret : Frosted Beret / CURLY ___ ¥9,504- (tax inc.)

 

毎年 “なんだかな” と思いつつも、ローテーションの都合でサーマルなんかが無いと

 

頼ってしまっていたファストファッション系インナー。

 

でもやっぱり脱いだ時にカッコ良くないのはクールじゃないな、と思ったり。

 

いや、まあセクシーな意味ではないですけど。

 

うん、まあ、セクシーな意味でもそうか。

 

 

 

それに、忘年会にも安心して行けない。

 

だって酔っ払って脱ぐこともあるかもしれないから。

 

(どんな忘年会に行ってんだ、と言われるかもしれませんが、

 

必要があるか否かに関わらず、

 

私は忘年会には必ず見られても良いインナー・下着を着用し、

 

和田アキ子とオーヤンフィーフィーはいつでも歌えるよう喉を仕上げてから参加しております。

 

アパレルという体育会系業界に育てていただいた、献身的かつ攻撃的盛り上げ準備態勢であります。)

 

 

やっぱりカッコつけるなら最後まで。

 

 

 

Online Storeにもアップいたしておりますので、是非そちらもご覧くださいませ。

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 


温故知新

2017.10.20

いつも弊店ホームページをご覧いただき、誠に有難うございます。

 

10月後半なので当たり前ですが、

 

“涼しい”、という言葉と同じぐらい “寒い”、という言葉を使う機会が増えてきました。

 

コンビニでも気がつけば、暖かい飲み物を選び、

 

レジ前のホットスナックや中華まん、おでんをチョイスするように。

 

 

そろそろこんなアイテムの出番、ではないでしょうか。

 

 

YORKE 2.0 / WISLOM ___ ¥85,320- (tax inc.)

 

 

こちらは、WISLOMの定番型であるモッズパーカのアップデートタイプ。

 

ミリタリーベースの形でありながらも、計算され尽くした立体的なパターンや

 

品のあるディテイルにより、都会的で洗練されたデザインの一着です。

 

 

 

強く撚り合せた超細番手のコットン糸を、

 

非常に高密度に打ち込んで織ることで程よいハリのある、

 

経年変化も楽しみなオリジナルファブリック “Ristretto” を使用。

 

厳選した織り機で丁寧に織ることで、一般的な高密度生地よりも

 

更に高密度に織り込んだ生地は、キメ細やかな美しい表情とハリがあり、

 

一枚地ながら防風性と水を通しにくい性質まで持ち合わせています。

 

 

 

ポそれぞれのケット内部には、ペンポケットやスマートフォンポケットもあるなど、

 

都市生活の中でのギアとしての要素からも魅力的です。

 

写真では分かりづらいのですが、ウェスト両サイドだけでなく、胸の切り替え部分にもポケット。

 

 

 

 

Beret : Frosted Beret / CURLY ___ ¥9,504- (tax inc.)

Coat :  YORKE 2.0 / WISLOM ___ ¥85,320- (tax inc.)

Sweat : Raglan CREW / MINOTAUR x LOOPWHEELER ___ ¥20,520- (tax inc.)

Pant : Cloudy Rib Trousers / CURLY ___ ¥18,900- (tax inc.)

Shoes : Grain Leather Sneaker / M.U.G x MOONSTAR ___ ¥32,400- (tax inc.)

 

 

個人的にも、アップデートする前の昨年リリースされたタイプを愛用中ですが、

 

WISLOMのアイテムは、まず袖を通してその立体的なシルエットと着心地に驚き、

 

生活の中で着て、その本当の良さをジワジワと体感し、共に時間を重ねることができるアイテムだと感じています。

 

是非。

 

 

Sweat : Raglan CREW / MINOTAUR x LOOPWHEELER ___ ¥20,520- (tax inc.)

 

 

はい、いつもならここで “本日のブログ終わり” ですが、

 

久しぶりにコーディネートでのご紹介ですのでここで終わりません。

 

 

Beret : Frosted Beret / CURLY ___ ¥9,504- (tax inc.)

Sweat : Raglan CREW / MINOTAUR x LOOPWHEELER ___ ¥20,520- (tax inc.)

Pant : Cloudy Rib Trousers / CURLY ___ ¥18,900- (tax inc.)

Shoes : Grain Leather Sneaker / M.U.G x MOONSTAR ___ ¥32,400- (tax inc.)

 

今回インナーに着ているのは、

 

日本に現存する稀少な吊り編み機によって編まれた生地で

 

正統なスウェット、Tシャツを製造するブランド “LOOPWEELER”に、

 

MINOTAURが別注をかけたラグランクルーネックスウェット。

 

 

 袖や裾のリブを排し、アームにはテーパードをかけた

 

ミニマルでスッキリとしたデザイン。

 

LOOPWHEELERならではの

 

軽く柔らかで快適な着心地となっています。

 

 

 

先ほどのWISLOMのモッズコートしかり、

 

こちらもしっかりと計算されたパターンニングのMINOTAURらしい

 

MINOTAURならではの美しいシルエットとなっています。

 

 

 

世界に誇るLOOPWHEELERの技術による裏毛スウェットは、

 

柔らかく軽く、袖を通した時に上質な着心地を体感していただけるかと。

 

 

 

都会的なデザインと先端の機能性のアイテムを生み出すMINOTAUR。

 

伝統的な技術を用いて、クラシックで”本当に良い”アイテムを生み出すLOOPWHEELER。

 

まさに “温故知新”という言葉がぴったりなオススメの一着です。

 

 

各アイテムOnline Storeにアップいたしておりますので、

 

是非そちらもご覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月末はハロウィーンで、それが過ぎたらクリスマスソングがCMで流れ始め、

 

“まだ早いのになあ” なんて思ってたのが、

 

何回か忘年会で酔いつぶれているうちに、本当にクリスマスがやってきて、気がつけば年越し。

 

年末の足音、です。

 

寒いのが苦手なので冬は嫌いだけど、街が輝きだして、

 

なんだかソワソワと浮き足立つ、これからの時期は好き。

 

忙しさに飲まれず、楽しんでいきましょう。