SS WRAPED NEP BORDER Tee / CURLY

2012.6.19

一昨日のブログに引き続き、本日もCURLYのアイテムのご紹介をさせていただきます。

オシテマス。

SS WRAPED NEP BORDER Tee / CURLY___¥6,720(tax in)

 

爽やかなボーダー柄と、柔らかな生地がベストマッチしたこちらのアイテム。

首周りや、ポケットの切り替えが適度なアクセントになっています。

ブツブツのネップのある糸に細い糸を巻き付けて作ったミックス感のある杢糸。

それをを丁寧に編み立てた生地は、柔らかく、独特の風合いがあります。

洗濯後の型崩れを防ぐ為のワンウォッシュ済み。

胸ポケットの切りっぱなし加工もリラックス感を演出してくれますね。

今年の、夏のボーダーTeeはこちらでいかがでしょう?

 

ちなみに最初の写真に映っている、HAWAII限定カラーのIsland Slipperも

好評につき数が減ってきていますので、お早めに!

 

 

 

ご来店頂いた方や、写真をご覧頂いた方はご存知だと思いますが、

当店、ガラス張りの入り口です。

「台風の時どうしようかな〜」なんて思って開店したら、

早々に、しかも真っすぐに突っ込んできましたね。

猪突猛進とは、この事なんですね。

6月に本州に上陸するのはあまり無いことだそうで…。

 

今のところは風も無く、HAMMOCKものんびりですが、

皆様くれぐれもお気をつけ下さいね。

 


Dreaming Glasses / Chemical Codex

2012.6.18

閉店後に作業をしながらゆっくり聴いています。

友人のムネくんを中心としたユニット、Chemical Codex。

アメリカの有名音大バークリー出身というビックリするような経歴を持つ彼の、

ささやくようなギターと、優しい歌声。

サイケデリックフォーク、サーフロックを経た世界観は、美しいの一言。

HAMMOCKでは取り扱っていませんが、是非聴いてみて下さい

友人だからとかで紹介しているわけではありません。

本当に良い音楽です。

 


CURLY

2012.6.17

HAMMOCKのイチオシブランドの一つ、CURLY。

そのこだわりのアイテム達を本日は紹介させていただきます。

CR Round Tank top  ___¥4,935-(tax in)

SS RM V-Neck Pocke Tee ___¥6,195-(tax in)

CR Round Pocke Tee ___¥4,935-(tax in)

 

CURLYは、2009年の秋冬よりスタートして以来、

1967年から続く国内自社工場にて、全アイテムにニット地を使用し、

丁寧に生産をし続けているカットソーブランド。

 

写真手前と、奥のラウンドネックタイプのアイテムは、

ユーカリの木を原料とした天然のリヨセルと、綿を混紡した生地を使用しており、

柔らかなで、リラックス感のある質感を実現しています。

また、生地の網立てや、襟周り、袖口、裾と各所の縫製にもこだわることで

耐久性をもたせ、

洗濯後の型くずれを防ぐためにワンウォッシュを施してあったりと、

まさにイタレリツクセリな一枚。

そしてこちらのV-NECK Teeに使われているのは、

CURLYの定番のオリジナル生地の一つである、ラマナーヤ天竺。

インドのTAMIL NADU州にてMr.APSWAMI唯一人が作り続ける有名な綿花、

SUVINを100%使った極細の糸で高密に編まれたシルキータッチな生地は、

触れた途端にトリコになることマチガイナシです。

こちらもウォッシュ済みなので、型くずれもしにくくなっています。

 

 

難しい事を並び立てましたが、要は、シンプルな中に

こだわりの数えきれないぐらいのコダワリが詰まった極上のカットソーだということです。

 

「わ〜ぁっ。」「う〜わ〜〜〜。」「あはぁ〜っ。」

 

店頭で触れてトリコになるお客様、続出、です。

 

今日は晴れた上に風が吹き、絶好のチェアモック日和。

是非遊びにいらして下さいね〜。


Mini Fanny Pack / BATTLE LAKE

2012.6.16

今日も外は梅雨真っ盛り、といった感じの雨模様ですが、

雨空もふっとばしそうなカラフルで元気なヤツらがやってきました。

Mini Fanny Pack / BATTLE LAKE   ¥6,825- (tax in)

 

バーベキューにキャンプ、海へ、山へ、太陽照りつける街へ!

といった具合にアクティヴに動き回りたいこれからの季節、

BATTLE LAKEの小ぶりなボディーバッグはいかがでしょう?

財布に鍵とハンカチ、スマートフォン、

プラス500mlのペットボトル1本が入るぐらいのサイズ。

うん、ちょうどいい。

1985年にアメリカのミネソタ州で設立されて以来、

maide in U.S.A.を貫き、丁寧で頑丈なモノヅクリを続けるBATTLE LAKE。

傘をさしている時に、今のカバンが大きくて不便だな〜、と思ったら是非。