古より伝わりし

2018.6.23

ゆったりとしたサイジングでのコーディネートが世界的なトレンドとなってから早数年。

 

2019年春夏のコレクションなんかを見る限り、程度の差はあれどこの流れはまだ続き

 

急にパッタリと終わってしまうことは無さそうです。

 

(というか、最近のファッションの流れは数年以上かけて緩やかに変動しているので、

 

果たして “1,2年だけの流行” という意味合いを強く感じさせる “トレンド” という

 

表現が正しいのかわかりませんが…。)

 

 

それに伴い、ワイドシルエットのパンツも各ブランドより多くリリースされておりますが、

 

まだ抵抗があって履けていない… という方もみえるかと思います。

 

そもそも履く気がねぇよって方は、それも魅力的なスタイルだと思いますが、

 

もし挑戦したいけどしっくりこなくて…という方がみえましたらこちらはいかがでしょうか。

 

 

Cardigan : Breezin’ NC Carde / CURLY ___ ¥19,980- (tax inc.)

T-Shirt : Aztec JAQ DS Tee / CURLY ___ ¥8,964- (tax inc.)

Trousers : Advance Wide Trousers / ¥20,952- (tax inc.)

Sandal : PBS705 / Island Slipper ___ ¥18,360- (tax inc.)

 

 

前回のブログでもコーディネートで使用していたこちらのワイドテーパードトラウザー。

 

ゆったりとしたシルエットながら、腰回りから裾に向かって緩やかに絞られる

 

テーパードタイプになっているので、ユルくなりすぎないシルエットが魅力です。

 

 

T-shirt :  Hybrid Base Layer Long Sleeve T / and wander ___ ¥19,440- (tax inc.)

Trousers : Advance Wide Trousers / ¥20,952- (tax inc.)

Sandal : PBS705 / Island Slipper ___ ¥18,360- (tax inc.)

Back Pack 30L Back Pack / and wander ___ ¥30,240- (tax inc.)

Cap : Logo 6 Panel Cap / HELLOS EXTRAFINE ___ ¥6,480- (tax inc.)

 

 

T-Shirt : HAMMOCK CURRY Tee / HAMMOCK ___ ¥4,320- (tax inc.)

Shirt : HS Shirt Open Collar / HELLOS EXTRAFINE ___ ¥28,080- (tax inc.)

Trousers : Advance Wide Trousers / CURLY ___ ¥20,952- (tax inc.)

 

若干の光沢もある生地やテーパードシルエット、デザインの上品さと

 

リラックス感とのバランスが絶妙なこちらの1本。

 

様々なトップス、スタイリングにハマるのと、

 

足元までズドンと太いわけではないので、

 

ワイド上級者からワイド初心者まで幅広くオススメでございます。

 

 

 

さらには、ストレッチの効いた糸をブレンドし、

 

冷たく感じる糸が肌に当たる裏側にくるよう編んである生地を使っているので、

 

快適で夏場に気持ちよい機能性も。

 

 

Online Storeにもアップいたしましたので、是非そちらもご覧下さいませ。

 

 

 

今回、”トレンド” というワードを出したのでたまには真面目な話を。

 

 

“トレンド”。

 

プラスのイメージとマイナスのイメージ、両方のつきまとうワードです。

 

乗っかるとなんだかカッコ悪い気がする気持ち。

 

よく分かります。

 

特に我々男性が感じやすい感情のようです。

 

流行に熱を上げて視野が狭くなってるようなヤツにはなりたくない、と。

 

はい、私も常々そう思ってます。

 

 

ただそれでも私は、

 

瞬く間に流行が終わってしまう”流行り” と

 

数年以上続いて、いわば一つの “時代” と言えるものは分けて考えて

 

うまく取り入れることが大事なのかな、と個人的には考えています。

 

 

なぜならば、広義で考えれば、すべてのファッションはトレンドとは無縁ではいられないのだから。

 

 

和服のようなトラディショナルファッションの中でだって、流れはあるし、

 

きっと洋服を多くの人が着るようになった時代に、

 

“和服はダサい”と思っていた人もいるでしょう。

 

“100年以上変わらない普遍的なモノヅクリ”、みたいなブランドだって、

 

流行りでクールだと言われたり、ダサいと言われたりする時代があります。

 

“いつの時代もカッコイイ普遍的なスタイリング” など本当は無いわけで。

 

(というか、実際にはそう言ったブランドの定番アイテムも、

 

時代に合わせてパターンニングや仕様がかなり変わってますし。)

 

我々が普遍的だと思い込んでいるスタイルは、いつかの時代の “トレンド” なわけです。

 

というか、変遷の歴史こそが面白さであるファッションにおいて、

 

普遍的ってどこまで意味があるのかな、と。

 

てか、数十年続いたら普遍的って、服飾史ナメンナヨって話です。

 

古代からゾ。

 

古代から続いてんだゾなモシ。

 

(…いや、そもそも誰も数十年続いたら普遍的、とか言ってないし。)

 

 

 

“一時の流行りに熱を上げて視野が狭くなってる”のがカッコ悪いのは事実。

 

かといって、それを後ろから見て “あいつダサいな〜”、って思ってれば

 

カッコ良いわけでもない気がする。

 

ならば、”さらにその後ろから、グーンと広い視野で見て、トレンドと上手に楽しんで付き合う” のが

 

ベストなのではないでしょうか。

 

 

はい、ここまで長々と語ってまいりましたが、

 

決してワイドパンツやオーバーサイズだけが今のトレンドなわけでもないですし、

 

ましてやウチのスタイリングが、流行最前線だけを追っかけているわけでもありません。

 

 

ただ、いろんな考え方のできる “トレンド” に対して、

 

ウチの店としての一つの見解を示してみました。

 

 

何十年後に写真を見返した時に、”あー、こんな変なカッコしてたな〜。”

 

なんて思うことはあるかもしれません。いや、むしろ絶対にあります。

 

それでも、”今見ても何十年後に見てもあんまカッコ良くない” よりはずっといいじゃないですか。笑

 

 

自分の好きなスタイリングに時代を反映させて、ファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

明日も明後日も弊店はそれなりに時代を取り入れながら、

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 



Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)