FRED PERRY x RAF SIMONS

2018.3.2

昨日のブログでも予告させていただいていた通り、

 

本日、恒例のFRED PERRY x RAF SIMONSのアイテムが到着いたしました。

 

弊店では今シーズンはワークディテイルのジャケットとトラウザーをセレクト。

 

 

Tape Detail Jacket / FRED PERRY x RAF SIMONS ___ ¥41,040- (tax inc.)

Tape Detail Trousers / FRED PERRY x RAF SIMONS ___ ¥23,760- (tax inc.)

 

 

ジル・サンダー、クリスチャン・ディオールでディレクターを歴任し、

 

現在はカルバンクラインで手腕を振るいながら、

 

コレクションブランド界隈を賑わせながら更なる人気を獲得している、デザイナー 、そしてブランド RAF SIMONS 。

 

歴史は長いブランドですが、コレクションや情報をチェックしている方には当たり前、

 

RAF SIMONSは ” 今 ” 注目を集めるトギットギのブランドです。

 

 

アイテム詳細はまた後日ご紹介させていただこうと思いますが、


FRED PERRYのアーカイヴを、RAF SIMONSのテーマカラーであるブラックと

 

現代的なボックスシルエットでリデザインしたアイテムは、

 

クールかつ、両ブランドならではのバックボーンを感じさせてくれます。

 

ジャケットはプライドを感じる英国製。

 

 

Jersey Wide Trousers / FRED PERRY x Dickies ___ ¥16,200- (tax inc.)

 

Jersey Wide Shorts / Dickies ___ ¥16,200- (tax inc.)

 

 

そして、FRED PERRYからはみんな大好き “Dickies” とのコラボパンツも入荷いたしております。

 

ジャージー素材を使ったワイドパンツとショーツ。

 

(ショーツは今シーズン1本目。)

 

ゆったりとしたシルエットと、ジャージー素材の光沢が都会的でクールな着こなしに

 

活躍してくれます。

 

こちらも詳細は後日。

 

 

MILLS – Dense / WISLOM ___ ¥42,120- (tax inc.)

 

 

なんだか黒のアイテム紹介ばかり続いてしまっているので、春らしく。

 

こちらも昨日のブログで触れていた、WISLOMの “超絶良い色” のジャケット。

 

Gジャン型を使いながら、高級コットンのスーピマコットンを非常に手間のかかる織り方で

 

ふっくらと軽く仕上げたジャケット。

 

薄手で気持ち良い着心地なので、アウターとしても、インナーとしても。

 

こちらも後日 … って、本当に紹介する気あるのかって話ですが、

 

ご紹介前に完売しない限りは…、と、考えてはおります。はい。

 

うん。そうそう。

 

 

はい、明日からまたかなり暖かいようです。

 

いよいよ我々、変態の出番。

 

お洒落してフラフラしましょう。

 

いや失礼、お洒落して出かけましょう。

 

え?それ以前に変態はお前だけだって?

 

いやいや、僕だって変態じゃないですよ。

 

だって今日はズボン履いてますもぉ〜ん、ぐぅっへっへぇ〜。

 

 

週末も皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 



Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)