モノの文脈

2017.10.30

いつも弊店ブログをご覧くださり、誠に有難うございます。

 

本当に季節外れの台風が2週連続。

 

それが過ぎ去ったと思ったらグーぅっと冷え込み、晩秋の気配。

 

いや、あと2回、遅寝の人だったらあと1回寝たら11月なんで、当たり前ではあるのですが。

 

 

それに伴い、冬のアウターがお客様の元へと旅立っており、サイズ欠けもスタートしております。

 

気になるアイテムはサイズ、カラーの揃っている内に是非。

 

 

Duffle Coat / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥86,400- (tax inc.)

 

 

こちらは、KAPTAIN SUNSHINEのオリジナルのヘビーダブルメルトンを使用したダッフルコート。

 

渋みの中に、どこか愛らしさのあるウォルナットカラーに目と心を奪われます。

 

約半年前、KAPTAIN SUNSHINEの展示会場に到着してすぐに目に入り、

 

胸を高鳴らせてくれたのはこのコートでした。

 

 

 

細く上質なウールであるsuper100′sを原料として太番手の糸を作り、

 

それを表裏で織り目が異なるように2重織にした極厚のメルトン。

 

この重厚さが本物の証。

 

(とはいえ、いざ着ていただくと実際の重量に対して軽く感じていただけるのではないかと。)

 

上質な原料を使用した生地は、柔らかく滑らかな肌触りと、

 

見てわかるクオリティーの高さとなっています。

 

 

Coat : Duffle Coat / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥86,400- (tax inc.)

Knit : Cloudy Moc Neck / CURLY ___ ¥17,820- (tax inc.)

Trousers : Tapered Fit Trousers / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥25,920- (tax inc.)

 

 

ゆるく羽織ることを想定したボリュームのあるシルエットに、クラシカルな3トグル仕様。


クラシックでオーセンティックな要素と現代的な要素がミックスされた、重厚なKSならではのシルエットです。

 

着込むことで肉厚なメルトンが柔らかくなり生まれるシルエットと表情の変化も是非楽しんでいただきたいと思います。

 

 

 

裾内側には、太ももを固定することで強風によるバタつきを抑えるストラップ。

 

元は北欧の漁師が、そしてその後イギリス海軍が着用していたダッフルコート。

 

船上に吹く強い風で裾がバタつかないように、ストラップで太ももに固定するディテイルなのです。

 

 

 

 ヴィンテージを踏襲したオーセンティックなアイテムはプロダクトとしては魅力的だけど、

 

武骨で野暮ったいだけのようなモノは

 

デザイン面で言うと街着として着づらい。

 

大人の男としての品も欲しいし。

 

かといって、やっぱりデザインによっただけのモノも物足りなくて … う〜ん。

 

って気持ち、コアな洋服好きの方なら感じたことがあるのではないでしょうか。

 

 

こちらのコートは、プロダクトとしての文脈を理解し、正しい言語を持った上で

 

現在の我々のファッションにフィットしてくれるハイクォリティな一着。

 

 

やっぱり文脈のある洋服には、言い表しがたい “力” がありカッコイイ、と思うのです。

 

 

防風性・保温性は言うまでもなく非常に高く、本物の良さをしっかりと感じていただけます。

 

もちろん日本製。

 

 

 

Online Storeにもアップいたしておりますので、是非そちらもご覧下さいませ。

 

 



Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)