KSのバケーションとSERGEのリミットブリーチ

2017.4.24

いつも当店ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

 

 

本日は、KAPTAIN SUNSHINEのシャツと、SERGE de bleuのデニムをご紹介させていただきます。

 

 

Shirt : Vacation Shirt / KAPTAIN SUNSHINE ___ ¥23,760- (tax inc.)

Pants : Baggy – Limit Bleach / SERGE de bleu ___ ¥20,520- (tax inc.)

Sunglasses : Charles / KAPTAIN SUNSHINE x 金子眼鏡 ___ ¥35,640- (tax inc.)

 

 

トップスに着たKAPTAIN SUNSHINEのオープンカラーシャツ。

 

ゆとりのあるシルエットと襟のデザインが

 

男らしさとリラックス感を感じさせてくれます。

 

サラリと軽く、気持ちの良い空気感を纏った一着です。

 

 

 

最高級コットンFinxと、細番手のシルクの糸で織った生地は、

 

自然な光沢のある表情。

 

“Vacation Shirt” の名の通り、リゾート感を感じさせるアイテムですが、

 

ただルーズなのではない、上質で品を感じさせてくれる仕上がり。

 

 

 

カラーは先ほどのライトベージュと、こちらのネイビー。

 

どちらにするべきか、個人的にも本気で悩んでしまっております…。

 

 

 

ボトムスは、SERGE de bleuのホワイトデニムバギーパンツ。

 

こちらもゆったりとしていながらも、

 

生地のドレープ感の出方やシルエットで、SERGEらしい品の良さを感じさせてくれる1本。

 

ゆったりとしている分、タイトなデニムと比べると通気性も良いですし、

 

しっかりと春夏気分を盛り上げてくれる爽やかさで、きっと重宝するアイテムかと。

 

 

 

そしてお伝えしたいのは、こちらはただのホワイトデニムではないということ。

 

インディゴのデニム生地を縫製した後に、ブリーチを限界までかけて色を抜いているのです。

 

その結果、生地の重なった部分などを中心に、色の抜けきらない箇所に薄くブルーが残り、

 

爽やかさと味わいのある色味に。

 

今までに見たことの無いデザイン、それでいて厭味の無い雰囲気に惹かれまくりです。

 

 

もちろん、サージ特有の天然のフラワーオイルに漬け込んで加工をする過程を経ているので、

 

しっとりと滑らかで、柔らかい肌触り。

 

 

 

ところで、なぜいつまでも”Vacation” を我々日本人は “バケーション” と発音するのでしょうか。

 

正しくは ”ヴェイケイション” だと、もう分かっているのだから、

 

“ヴェイケイション” と言えばいいのに。

 

“ネイビーのシャツ” だって1枚なら “ネイヴィーのシャトゥ” だし。

 

 

 

逆に外国の方に “寿司” のことを “ス〜シィー” とか言うのもオカシイ。

 

あれは “ス〜シィー” ではなく、オリジナルの発音が “すし” だから、

 

“I like すし.”

 

でなければ間違っていると思うのです。

 

 

この日本の社会に強い、”正しいかどうかよりも、周りに合わせた慣習にこだわる”

 

という風潮が出ているのでしょうか。

 

”あいつ、ヴェイケイションだって。恥ずかしい〜。”

 

みたいな。

 

周りと違うことをするとバカにする、調子に乗ってると見なす風潮。

 

くだらない。

 

実にくだらないです。

 

そうやって足を引っ張り合う悪口、陰口ばかり。

 

そんなものに拘っていてはいつまでも前に進めないのです。

 

誰かが先陣を切ってその意味の無い慣習を打ち破らねば。

 

ええ、私は気にしません。

 

調子に乗ってると言いたければ言えばいいのです。

 

私は堂々と言いたいことを言います。

 

 

“ヴェイ…

 

ヴェイ…

 

 

バケーションでネイビーのシャツ着てス〜シィー食べターヨ〜っ。”

 

 

 

本日ご紹介させていただいた各アイテム、Online Storeにもアップいたしておりますので、

 

是非そちらもご覧くださいませ。

 

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 



Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)