靴職人

2012.7.1

本日、ご紹介いたしますのは、こちら。

 

ご存知、adidasのスタンスミス。

 

 

1965年にハイレットという名前で誕生し、その後テニスプレーヤーの

 

スタン・スミスが好んで履いたことから現在の名前に。

 

 

 

…と、まあ、お察しと思いますが、ここで言っておくと、HAMMOCKで販売している商品ではありません。

 

お客様が履いてみえたものなんですが、実はただのスタンスミスじゃない。

 

先日、某ビジネス番組でも紹介されていた、

 

元アシックスで、現在兵庫県でM.Lab(ミムラボ)というadidasと提携する靴工房をやってみえる、

 

三村 仁司 氏により手の加えられた靴なんです。

 

三村 仁司さんといえば、長年、多くの素晴らしい作品を生み出し、

 

オリンピック選手のためのシューズ作りを手がける等、

 

日本のスポーツ選手をまさに足下から支えた、スポーツシューズ作りの神様と言われるお方。

 

 

写真では見えないし、実際観てもよく分からないのですが、

 

インソールに触れると脱ぎたてのほっこりとした温かさが。

 

…ではなく、普通のスタンスミスには無い硬い凹凸が。

 

この靴を履いて見えたお客様は、陸上の選手。

 

正しいフォームを作る為に、兵庫の工房で作ってもらったこの靴を、

 

普段から履いて生活してみえるそうです。

 

興奮して色々と聞いてしまいました…。

 

 

Eちゃん、靴脱がせてゴメンネ。また待ってま〜す!

 

 

 

本日のベストタイムfromチェアモック。

19:00頃。雨上がりの夕景は沁みました。

 

日、長いですね。



Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)