Fishing with John

2012.6.29

先日、友人とトム・ウェイツの話に。

 

初めてトム・ウェイツに触れたのは高校生の時。

 

焼肉屋のバイト先の先輩に借りて、今では懐かしいMDで繰り返し聴いてました。

 

ふと思い出したのは、大学生の時に観たこの番組。

 

Fishing With John

ジョン・ルーリー監督の釣り番組に、トム・ウェイツがゲスト出演。

 

釣りの技術について語るでもなく、ただダラダラと釣りをしたり語ったり、唄ったり。

 

確か、僕が観たのは日本語訳が付いていた気がしますが、

 

それでも必死に眠気を我慢して観たぐらいおもしろくなかった気がします。

 

トム・ウェイツはやっぱりカッコいいんだけれど、

 

全っ然おもしろくないし、今でも最後まで集中して観る自信は無いです。

 

でも、なんだか好きです。

 

淡々と、ダラダラと、その裏に何かを秘めているようで、秘めていない。

 

…というわけでもないような、そうなような…。

 

生活の99.99パーセントってそういうものじゃないでしょうか。

 

0.001パーセントの刺激的なドラマもいいんだけど、

 

なんだか楽しい。…気がする99.99パーセント。

 

これも一つの河の物語。

 

ってことで、

 

来年の夏あたり、サンプリングネタにして何かオリジナルアイテム作りたいな〜。

 



Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)